紀州のドンファン結婚歴まとめ!デヴィ夫人も?女性遍歴も調査!

3年前に元妻須藤早貴容疑者により殺害されたと言われている紀州のドンファンこと「野崎幸助」さん。

大の女好きとしても知られていますよね。

4000人の美女に30億円ものお金を投資してきたと公表されている紀州のドンファン。

その貢いできた女性の中で結婚は何人としてきたのでしょうか?

今回は、「紀州のドンファン結婚歴まとめ!デヴィ夫人も?女性遍歴も調査!」と題しまして、

紀州のドンファンの結婚歴
紀州のドンファンの女性遍歴

を中心に調査していきたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください!

紀州のドンファンの結婚歴

以前、紀州のドンファン(野崎幸助)は、デイリー新潮でのインタビューで

「野崎さんは、過去に2度結婚をしているものの、どちらのときも浮気癖が収まらず、すぐさま離婚。長い間、独身を通してきました。でも、彼は出会った女性に、“結婚しよう、結婚しよう”と口癖のように言っていた。結婚願望が強かったのです。そこに現れたのが、北海道出身で自称ファッションモデルの須藤容疑者でした。モデル仲間からの紹介だったといいます」

と、答えているそうです。

今回の須藤容疑者の前に2回結婚をしているというわけですね。

いったいどんな人物とご結婚されていたのでしょうか?

初婚

紀州のドンファン(野崎幸助)の初婚は、野崎さんが30代の頃と言われています。

一般人のようで、こちらの初婚のお相手については情報がありませんでしたが、野崎さんの浮気が原因で愛想をつかされたことが離婚の原因だと言われています。

紀州のドンファンの30代はどんな姿だったのでしょう?
30代といえば、男性は仕事に日々邁進しているころ。

まだ「紀州のドンファン」と言われる前でしょうから、この女性とはお金だけではなく始めは本気の恋愛で結ばれていたかもしれませんね。

2回目の結婚

2回目の結婚は、紀州のドンファンが60歳のころ。
2003年から2007年ごろでおいては六本木のホステスだった人だと言われています。

この2回目のお相手は、とても付き合いやすい方で、近所でも評判だったとか。

野崎性を名乗り、夫婦仲も良さそうでしたが、6年から8年前に離婚しているとのことです。
この頃は既に「紀州のドンファン」と呼ばれるようになっていた野崎幸助さん。

稼いだお金を自分の好きな女性とのためい使い、浮気もし放題だったとか。
この2回目の結婚も、ドンファンの浮気が原因で離婚に至っています。

この2回目の結婚相手に関しては、野崎幸助さんの友人でもあるデヴィ夫人が「怪しい」と語っています。

どうやら、野崎幸助さんが亡くなってから、デヴィ夫人のもとに、この2番目妻が封筒を持ってきたと言います。

その時に「僕になにかあったらこれは、夫人に渡して下さい」って頼まれた物ですっていうんですね。だったらば、亡くなったらすぐ私のところに持ってくるべきじゃない。それでなんで1カ月もたって私のところにもってきたかなって。それで茶封筒開けたら、5000億円の還付金残高確認証が2枚入っていた。それと鍵が一つあったんですね。でも、どこの鍵か全然わからない。古いシンプルな鍵なんですよ。とにかく額が大きいので、田辺署には、それをお見せしました。その間、警察に確認証を、私の銀行にもっていって調べていただいたら、非常によくできた偽物だっていうんですね。本当に、誰が見ても本物にみえるんですよ。でも、彼は金融業のプロじゃないですか、その人がそんなものを担保に、お金を貸すとは思えないんですね。(引用元:日刊スポーツ)

デヴィ夫人はこのように語っています。
紀州のドンファンは、亡くなってから出てくるものが本当に多いですよね。

遺産の額が半端ないので、仕方がないことなのかもしれませんが、、。

紀州のドンファンは、この2回目の結婚相手への執着がものすごかったといいます。
離婚後も何度も帰ってきてくれとしつこく押し掛けたということで、ストーカーと認定されていまい、接触禁止令を出されるという騒動も起こしています。

仲もよかったと周囲からの評判もあるので、紀州のドンファンにとっては、離婚の原因は自分が作ったものの寂しさがかなりあったのでしょう。

4000人もの女性と付き合ってきた紀州のドンファンがそこまで惚れる女性ってある意味スゴイですよね!

 

3回目の結婚

3回目の結婚は、現在容疑者として逮捕されている須藤早貴さん。

羽田空港で、野崎さんの前でわざと転んだことがきっかけで、食事をしすぐにプロポーズされています。

その時の条件が、「別々に住んでもいい」「月100万のお小遣い」

こんな結婚って何なんでしょうね。
そして、結果的にその女性に殺されたかもしれない紀州のドンファン。

なんてあっけない最期だったのかと思います。
どれだけ女性と楽しんできた人生であっても、最期がこんな形になるとは紀州のドンファンも予想できなかったことでしょう。

紀州のドンファンの女性遍歴

紀州のドンファンは、結婚には至らなかったけれど何人もとの女性遍歴があります。
いくつかご紹介したいと思います!

窃盗犯フリーモデル

一人目は、自称フリーモデルの「宮原真理」

野崎幸助さんが74歳の時にお付き合いをされていて、2016年野崎さんの自宅に行った先に現金600万円と、その他宝石や貴金属類5400万を相当を盗んだと言われています。

このことが、野崎幸助さんを紀州のドンファンとして全国的に有名にしたきっかけとなりました。

この約6000万の窃盗事件に対して、紀州のドンファンは、

「6000万なんて紙くず。窃盗もいい経験だ」

とテレビで発言し、話題になりました。

 

借金肩代わりM子

2人めは、M子さん

交際後、プロポーズをしていたのですが、M子さんに

「前の彼氏に2000万の借金がある。それを清算しないと結婚できない」

といわれ、2000万払ったのです。

しかし、M子さんは、2000万円を受け取ると逃げてしまったと言います。
きちんと交際していたものの、結局はお金でつながっていただけだったのですね。

いくら女好きとはいっても、女性に本気で愛されることのない紀州のドンファンも可哀想な気もしてきます。

デヴィ夫人

友人として度々出てくるデヴィ夫人も、実はプロポーズされていました。

私、会った瞬間に結婚しましょうって言われました(笑い)。私のパーティーは必ず皆勤でした。そのプロポーズは、家政婦さん、そのお嬢さんと、私と、私のヘアメークの女性と、もうひとり若い女性のみなさんの真ん前で冗談のようにいってくださった。いつも彼は私に、あなたは日本の宝ですって。あなたみたいな方はいませんから、みたいなことをよくおっしゃって。(引用元:日刊スポーツ)

デヴィ夫人のパーティーにはいつもご出席され、「あなたは日本の宝です」と言っていた紀州のドンファン。

デヴィ夫人のインタビューから、お二人はいろいろなことを話しあえる仲だったことがわかります。

 

まとめ

今回は、「紀州のドンファン結婚歴まとめ!デヴィ夫人も?女性遍歴も調査!」と題しまして、紀州のドンファンこと野崎幸助さんの結婚歴や、生前の女性遍歴についてまとめてみました。

遺産も相当な額ですが、生前はそのお金をめぐって、数多くの方とお付き合いしファンレターももらっていた紀州のドンファン。

そのファンレターは、決して野崎さんへの好意ではなく、大部分がお金目当てだったのだと思います。

計4000人に30億を貢いできたと言っている「紀州のドンファン」。

その人生の中で本当の愛を経験できたのかは疑問に残るところです。

今回はこの辺で。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!