離婚後の前田敦子、月額20万円のセレブ保育園はどこ?今後は海外進出?

元AKB48で女優の前田敦子(29)が、俳優の勝地涼(34)と離婚したことが、2021年4月23日、Instagramを通じて発表されました。

交際わずか4か月での結婚は、結婚生活わずか2年9ヶ月のスピード離婚という結末を迎えました。

2歳の長男の親権は前田さんが持つそうです。

最近息子さんの預け先をセレブ保育園に決めたという報道もされたばかり。

シングルマザーとなった前田さんは今後どうするのでしょうか。調べてみました!

前田敦子と勝地涼の離婚の原因は?

二人は2015年に日本テレビ系連続ドラマ「ど根性ガエル」で共演して知り合い、交際に発展。

2018年の7月に結婚し、翌年3月に長男が誕生していますす。

離婚の原因は価値観の違いということですが、大きく挙げると以下のことのようです。

・前田敦子の感情の起伏の激しさや束縛に勝地涼が耐えられなかった。

・ 初めての育児に追い詰められ、精神的に不安定になった前田敦子に勝地涼がついていけなくなり、外に飲みに行ったり、ゲームばかりするようになり、すれ違いが増幅。別居することに。

・二人の喧嘩がエスカレートし、勝地涼が前田敦子突き飛ばして骨折させる事態に。

・勝地涼の母親である義母が過干渉で前田敦子の関係がうまく行っていなかった。一方で前田敦子も両親と同じマンションに夫婦で住むなど実家に依存しがちだった。

ただ、前田さんとしては「キレやすいは勝地さんの方」「彼は外で、私がワガママだとか言いまくっている」とこぼしていたそうで、本当の理由は二人にしか分かりません。

月額20万円のセレブ保育園とは?

シングルマザーとなった前田さんですが、実は4月から息子をとあるセレブ保育園に預けることが決まっているようです。

「週刊女性」では以下のように報道されていました。

前田の息子が4月から通うことになったのは、都内の高級住宅街にあるセレブ保育園。

「月額20万円ですが、都内とは思えない閑静な環境に加え、預け時間の変更がオンラインで気軽に行えるとあり、忙しいセレブたちから人気ですね。そんなサービスのよさも気に入ったみたいです」(芸能プロ関係者)

「前田さんの口癖は“子どもにカッコいい背中を見せてあげたい”。彼女は自分のカッコいい姿=仕事を続けることだと考えているので、なるべく本業に支障が出ないよう、融通が利く保育園を選んだそうです。昨年6月に夫の勝地涼さんとの別居が報じられて、現在は母親の力も借りながら育児をしていますからね。預かり時間の延長や土日も対応してくれる園には助けられているそうですよ」(同・芸能プロ関係者)

月額20万円もするセレブ保育園とは一体どこなのでしょうか。

同記事では、月額料金以外にも「小学校受験に向けた特別クラス」「英語教育に力を入れている」と行った特徴が書かれていました。

「小学校受験に向けた特別クラスもある園だけど、受験はまったく考えていないみたい。前田さん自身が好きなことを続けているため、息子さんにも好きなことをやらせる方針なんだとか。それこそ息子さんが“留学したい”と言ったら、いつでもさせてあげたい……と考えているそうで、英語教育に力を入れているかどうかも、保育園選びのポイントだったみたいですよ」

前田さんが住んでいる地域は、噂によると代官山のラトゥールで目撃情報がありました。

ラトゥール代官山といえば、最上階は月額500万円、平均でも150万円以上する都内でも屈指の高級マンションで、芸能人御用達としても知られています。

真偽の程は確かではないですが、芸能人夫婦ということを考えると、都内の渋谷区、港区あたりに住んでいる可能性が高いと思われます。

その辺りで、月額20万円のセレブ幼稚園を調べると、キッズガーデン/キッズスマイルというプレスクールが挙がりました。

認可保育園とプレスクールの2種類のコースがあり、代官山、広尾、元麻布、自由が丘と都内屈指のセレブエリアに立地を構えています。

登園時間も自由に決められ、オンラインで時間帯の変更ができ、土日も対応できるという特徴があり、忙しく不規則な芸能人にもぴったりの保育園と言えます。

小学校受験にも対応しており、英語教育に力を入れているという点も、週刊誌の特徴と合致しています。

なお、月額20万円となると、シングルマザーにはかなり負担なように思いますが、そこは勝地さんの養育費で賄えるのでしょう。

アサ芸Bizでは以下のように報道されていました。

「たとえ養育費が高くても、勝地にはこたえないはずです。18年8月配信の『女性自身』の電子版によると、勝地の父親は不動産業を営んでおり、勝地家は都内にオフィスビルなど4件の不動産を所有。資産価値はしめて7億円はくだらないとのこと。父親の援助を受ければ、高額な慰謝料や養育費が発生したとしても楽々支払えるはずです」(芸能記者)

きちんと父親としての義務を果たしてもらえるのであれば、前田さんも安心ですね!

今後はハリウッド進出も視野に?

前田さんは昨年12月31日をもって、所属していた太田プロダクションを退社し、個人事務所で活動をスタートしています。

今後ですが、ハリウッド進出を目指しているという話が出ています。

「女性自身」では以下のように報道されていました。

「ハリウッド俳優のウィル・スミスが代表を務める事務所が極秘裏に前田さんに接触していると聞きました。この事務所は、昨年ジャニーズ事務所を退所した山下智久さんがハリウッド進出を目指して契約しているところです。前田さんは超が付く映画オタクで、映画への情熱は人一倍強いのです。最終的に交渉がまとまるかは不透明ですが、前田さんはこれを機に“海外進出”まで視野に入れるようになったそうです」(芸能プロダクション関係者)

シングルマザーとなった後も、仕事と育児を両立して、活躍の幅を広げて欲しいですね!